読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼い栞

過ぎ去ったすべてと僕の愛する人生に捧ぐ

紅茶とマフラー

どこか懐かしい 白い壁が立ち並ぶ街

枯れ葉を踊らせる つむじ風はもう消えた

 

グレーのマフラー 高まる心止めないで

魔法の夜に投げたボール 明日に届く

 

ぬるい紅茶の澄んだ色 まだ行かないで

風車は星屑を眠らせ 風を呼び起こす

 

この次 ふたつの針が出会うのは夢の中

 

忘れないで

道は見えなくても そこにある

 

f:id:bluebookmark:20161210121817j:plain