読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼い栞

過ぎ去ったすべてと僕の愛する人生に捧ぐ

選ばなかった言葉

流れ星を君と探した

そんな日々を

ふいに思い出すからだろうか

 

四十億年の孤独の後で

僕は 四十億年前の光を見上げる

 

あの日

君を前にして

選ばなかった言葉がある

 

今はただ

この冷たさだけが

ただ

愛しい

 

f:id:bluebookmark:20161211144527j:plain