蒼い栞

過ぎ去ったすべてと僕の愛する人生に捧ぐ

残響がこの身を砕いて

後悔が記憶を染めて

真実が存在を忘却する

 

ならば

果たして

残るものは この詩か骨か

 

f:id:bluebookmark:20170109215305j:plain