蒼い栞

過ぎ去ったすべてと僕の愛する人生に捧ぐ

ひとり

いつか

いつか

いつか わかるはず

 

蛍光灯のまぶしさと

バスタブのまぶかさと

郵便受けのさびしさと

 

f:id:bluebookmark:20161212231728j:plain